2015年8月29日土曜日

驚くべき記録。





我が家に荷物の配達にくる

UPSという会社のロニーさんと

郵便屋さんのコニーちゃんは

本当に気が利いて、気立ても良くて

気さくで、とっても良い人達である。



私の家と事務所は、かなり近所にあるのだが

平日は私が大抵どちらかにいるということを

2人ともちゃんと理解していて

どちらに荷物が届いても

必ず両方チェックした上で

私がどちらにもいなければ

管理人さんに預けてくれる。



先日、近所のSちゃんと、

いいかげんな荷物の配達人の愚痴を言ってたのだが…

配達の人が、みんなロニーさんや

コニーちゃんのような人だったら

いいのにねぇ…と言う話なった時に

「そうえいば、ロニーが

 ウォール・ストリート・ジャーナルに

 載ってたの知ってる?」

と、Sちゃんが言った。



会社に表彰されて

そのことが、去年のウォール・ストリート・ジャーナルに

動画と共に載っていたらしいのだ。



ロニーさんの表彰の理由は

47年間、無事故無違反の運転である。



それは、去年の話なので今年は48年。

48年である。



マンハッタンは、駐車が難しいことで有名である。

路上駐車をするのは、本当に本当に厄介である。

マンハッタンで荷物の配達を生業とするということは

駐車違反の王者になるというのと同義語である。

その上、ニューヨークは荒っぽい運転でも有名である。

無事故無違反というのは、殆ど有り得ない。



めんどくさいので市内では殆ど運転をしない

優等生の私でさえ、今までにマンハッタンで

数回の駐車違反切符をもらっているというのに(コラ)

(注:ここでは駐車違反は罰金のみで、減点の対象にはならない)

ロニーさんは、毎日毎日毎日毎日

48年間もの間、マンハッタンで運転・駐車しているというのに

それで、無事故無違反なんである。



素晴らしすぎる。



無事故無違反のためのゆっくり運転で

配達が遅れるなんてことはない。

「急いで慌てて、事故をしたり違反をしたら

 余計時間がかかるだけだからね。」

と、ロニーさんは言う。



そんな素晴らしい人が

自分の区域の担当の配達の人だというのは

何だかとっても嬉しい。



IMAG2730.jpg



関係ないけれど、UPS社の配達では

なぜか、みんなトラックのドアを開けたまま

運転しているのをよく見る。

シートベルトはしているけれど

ドアは開けっ放しである。



IMAG2732.jpg



駐車時もドアは開いたまま。

しょっちゅう乗り降りするから

めんどくさいのはわかるし

私物もおいてはいないからいいのだろうが

どうも落ち着かない。








8 件のコメント:

tom☆ さんのコメント...

すごいなーーーーーー48年間無事故無違反!!
そのうえ気さくで気が利いて気立てが良くて!---って人として素晴らしいですー♪
だからきっと成し得るんでしょうね!!
そんな天然記念物的な人と、出会えるってのも凄い運(?)ですねー☆

ところでこういう発想(ドアを開けっ放し!)は、日本では無理!
きっとこれこそ違反になるし・・そもそもこういうドアの配達車ないですし。
渋滞でゆっくり走っていたら、乗ってくる人居そうですが? それは映画の話かしらん☆

ぽてと さんのコメント...

なんて凄いんだろう~!驚異的だ。
だからこそ大きなニュースになるのですね。
素敵な人だね~~。

ドア開けたまま運転ってぎょっとしたけど・・
開けっ放しで走れるのか?!と。
あ~!スライドドアね!

オープンカーは屋根があいているけど、ドアが開いてるのもオープンカー?かな。

カプメイ さんのコメント...

素晴らしい&スゴイ記録ですね。
業務用でも駐禁はねられるのは、日本も同じ。
道交法が変わった時に、宅配業者は違反を回避できるように、単独配達ではなく2人ペアにして、
車から離れる時間を極力減らす作戦に出ました。
場所によっては手押し車で配達。
一人でマンハッタンを配達で無事故無違反って、運も強い。
だって貰い事故だってありそうですもの。

ところで、開けっ放しのドア。
乗り降りが素早く出来るっていうのもあるけど、
左右の安全確認、目視がしやすいっていう理由があるように思います。(巻き込み防止)
とくに運転席と反対側。

あと、日本の宅配って担当者が一定期間過ぎると移動しちゃうんです。
配置換えだったり、個人的に辞めちゃうのもあるみたい。
ずーーっと同じだと、お馴染みになって便宜も図ってくれて、いいですね。
そういうとこ、人間的でいいなぁ。

Tabitha さんのコメント...

tom☆ さま

本当に天然記念物的ですよねー。

ドアについては…

このスライド式のドアを
閉めてないと違反という
交通規則が、ないんじゃないかと…

誰かが乗ってきたりとか
トラックを盗もうとしたりとか
そういう出来事は
(少なくともうちの近所では)
ないみたいです。

映画の中みたいなできごとって
映画の撮影をしている時を除いて
(しょっちゅう、その辺でしてますけど)
あんまり、おこらないんですよねー。 笑


Tabitha さんのコメント...

ぽてとさま

よい人です。淡々としていて。
いつも、2言、3言しか話しませんけれど。
50年無事故無違反ガンバって欲しいです。

そして…
そうなんです。ドア開けっ放しで走ってるんです。
開けっ放しで、駐車してるし。
ぱーぱーに、オープンカーです。 笑
スライド式じゃないタイプの車の場合は
もちろん、閉めていますが。


Tabitha さんのコメント...

カプメイ さま

なるほど。日本は最近2人ペアにしてるのですかー。

マンハッタンの宅配の人は
駐車スポットに停めたら
あとは、手押し車で配っています。

確かにドアは開いていると目視しやすいですよねー。
街中ではなくて郊外のデリバリーでも
UPSの(このドアのタイプの)トラックは
開けっ放しですが。

ロニーは、私が引っ越してくる前から
ずっとこの地区の担当らしく。

でも、コニーちゃんとロニーさん以外は
結構、入れ替わりが激しいです…。


Suzy さんのコメント...

Tabitha さん、こんにちは♪

私も、UPSの方には好感をもっています。
我が家の地区の配達担当の方は女性ですが、
なぜかいつも犬用のおやつビスケットを持っていて
散歩中のワンコに気前よく食べさせてくれるのです。

でも、USPSの方には好感がもてません。
オンラインで注文した品物が待てど暮らせど届かず、
追跡しても「配達済み」となっていた事件を経験したからです。
どうやら盗まれた模様…。

そう言えば、ゴミ収集車もドアは開けっ放しですね。
頻繁に乗り降りするから開閉が面倒なのでしょうか?

Tabitha さんのコメント...

Suzy さま

我が家の地区は、
ロニーさんとコニーちゃん以外は
かなーり、ぼろぼろです… 涙

USPS の担当者で一人
重いもの持つのが嫌いな女性がいて… 
荷物を持ってこずに、不在通知だけ入れる… 怒

配達人の人はよく、ドッグビスケット持ってますね!!
犬に追いかけられて大変な目をすることが多いので
手なづけるために… 笑

そういえば先日、オーストリアでは、郵便局が正式に配達人に
犬のおやつを配ったというニュースが出ていました。
http://www.foxnews.com/world/2015/05/11/down-boy-austrian-letter-carriers-have-1-bag-for-mail-and-another-with-doggie/